オープニングを見る

  1.コウノトリとは
  2.野生復帰の経緯
  3.保護増殖への取り組み
  4.地域づくりへの取り組み
お知らせ



ブロードバンド用(約31秒)
ブロードバンド用(約31秒)


鳴き声(クラッタリング)
鳴き声(クラッタリング)


壁紙ダウンロード
壁紙ダウンロード


佐渡トキファンクラブ

会長あいさつ


柳生博会長

うれしいニュースがありました。日本の野外で生まれたコウノトリがお隣の韓国に飛んでいったのです。平成17年にコウノトリの試験放鳥が始まってから10年近くたち、ついに日本のコウノトリは海を越えて国外を訪れるまでになりました。国内では野外のコウノトリの数がますます増えています。生息地を豊岡盆地から但馬全域、福井県や千葉県など全国に広げる取組も進みつつあります。「コウノトリが全国の皆さんの元を訪れる」、これまで夢見ていたことが、いよいよ現実のものになるんじゃないかと実感できるようになってきました。
これからです。コウノトリの輪を全国へと広げていくためには、今こそ皆さんと手を携えて、人と自然が共に生きていける社会を全国につくっていかなければなりません。「コウノトリと共生する地域づくり」に共感し、活動する人々が増えれば増えるほど、コウノトリも皆さんにより近づいてくれます。
ぜひコウノトリファンクラブにご入会いただき、私と一緒にコウノトリの野生復帰の取組を応援していきましょう。そんな皆さんの元にきっとコウノトリは訪れてくれるはずです。


コウノトリの野生復帰の取り組みが新たなステップへ

「再びコウノトリを大空に帰そう。」

昭和46年、国内最後の野生コウノトリが但馬の豊岡盆地から姿を消して以来、安全・安心な環境づくりに地域が一体となって取り組んできました。平成17年度には試験放鳥がスタート。そして平成19年5月には、国内43年ぶり豊岡では48年ぶりとなる自然界でのヒナが誕生し、7月31日に元気に豊岡の空へ巣立ち、長年の野生復帰に向けた努力が実を結びました。今後も、かつてのように多くのコウノトリが大空を飛び交い、人と共生できる環境づくりを拡げていかなければなりません。
こうしたコウノトリ野生復帰の事業・活動に全国から参加・応援していただける方を「コウノトリファンクラブ」の会員として募集しています。多くの方々のご参加をお待ちします。


お知らせ
【01/06】コウノトリファンクラブフェイスブックを開設しました
コウノトリファンクラブのフェイスブックを開設しました。このホームページのリンクからご覧いただけま...
【09/30】コウノトリ写真コンクールを開催します!
【08/05】百合地巣塔のヒナが巣立ちました
【07/04】三保放鳥拠点でヒナが飛び立ちました
【06/27】伊豆巣塔のヒナが巣立ちました
転作田ビオトープ、たんぼの学校

2012コウノトリ写真コンクール

リンク集








コウノトリ映像ライブラリー


リンクについて